瀬戸ヘ

↓my gardening lifeに書いた記事を再掲します。

瀬戸着14時40分過ぎ。16時30分には尾張瀬戸駅を出たいので、急がなきゃー、というわけで、早足で歩いて(坂道なのでかけ足は無理)愛知製陶所へ。社長の加藤さんと約束した時間は15時、ぎりぎり間に合った〜。加藤さんは「瀬戸ノベルティ文化保存研究会」の会長さん。私の「天使の花瓶」について何か情報がないかお尋ねして、その後、ノベルティ子ども創造館で瀬戸ノベルティを観て、瀬戸ノベルティのギャラリーに立ち寄って帰るという計画をたてていました。ところが、加藤さんの愛知製陶所には「愛知ポーセリンミュージアムhttp://www.seto-marutto.info/cgi-bin/data/gallery/009.html」という私設美術館が併設されていまして、その展示を見せて頂いていたらあっという間に16時過ぎだったのです(^^;)。http://www.setomono.or.jp/catalogue_08/08_02.pdf こちらのコレクションはヨーロッパの陶磁器がお好きな方には絶対お勧めです。そんじょそこらの美術館より・・・(^X^;)、とにかく素晴らしいコレクションが目の前にあって(ケース越しではなく)直に見ることができます。加藤社長の解説も丁寧でこちらの頓珍漢な質問にも答えて下さり、本当にあっという間の1時間半でした。ブログを書いていることを申し上げて撮影の許可をお願いしたら、OKして下さったのですが、お宝過ぎて載せるのが怖いのでやめておきます。瀬戸は遠かったですが、足を運んでよかったです。ヨーロッパの歴史をもっと勉強して、陶磁器の最低限の基礎知識ぐらいは頭に入れて行けばもっと深く鑑賞できたのにと思うと、ちょっと残念で、情けなくて、恥かしいです(汗)。

さて、私の天使の花瓶ですが、写真を社長に見て頂いたところ「瀬戸のものでしょう」ということでした。セトノベルティのカタログを見せて下さり、その中に似た形の花瓶がありました。ちょうど愛知製陶所にいらしてたセトノベルティのコレクターであるMさん(なんでも鑑定団にも出られています)が「マイセンにこういう階段のあるものがあった気がする」と教えて下さいました。というわけで、祖母の形見の花瓶は瀬戸で作られたマイセンの写しで主にアメリカ向けに輸出されたものだろうと。つまり、セトノベルティだったというわけです。祖母の家には船乗りが多かったのでお土産に誰かが海外から買ってきた可能性はありますね。私の推理当たってるかな?おばあちゃん(^^)。

ミュージアムでお宝を観せて頂いたあとは、愛知製陶所さんのショップでお気に入りの1品を探すことに。天使の花瓶と似たような感じのセトノベルティが欲しかったのですが・・・いいなあ、と思った品は「MADE IN OCCUPIED JAPAN」・・お高いでしょうねと探りを入れたら収集家のMさんが「100万円もしないよー」と。それは冗談なのか、ヒントなのか・・わっかりませーん。骨董屋さんと同じですね。値札がない(汗)。そして時間もない。そんな中でわずかなへそくりで買えるもので、一生大事にできるお気に入りを探すのって・・・けっこう難しいものですよ(笑)。そんな中、ふと目にとまった可愛い女の子のお人形、右手に小鳥。左にはわんこ(猫か?)。頭に金具がついていて吊り下げられるようになっています。ん?どこかで見たような・・・。そうなんです、長女がロイヤルコペンハーゲンで買ってきてくれたビング&グレンダールのフィギュリンオーナメント(ロッキングホース)と雰囲気がそっくりなんです。「これだっ!これにします!」すると社長さんが「それはロイヤルコペンハーゲンの写し」と。ああ・・やっぱり、似てるはずだ(^^)。さらに薔薇の絵柄が美しい六角ボール(お皿)も気に入って、セトノベルティのカタログと、3点購入で微々たるへそくりを使い果たしました。

帰りは名鉄瀬戸線→市営地下鉄でと思っていたのですが、収集家のMさんが帰宅のついでだからJRの春日井まで乗せっててあげる、と。「知らない人の車に乗っちゃダメ」と常々子どもに言っていますが、「いいんですか?ありがとうございます(^^)」とちゃっかり乗せてもらいました。(オバちゃんになるってこういうことなのよん)途中で車を止めてあれが採土場ですよ、と説明して下さったり、セトノベルティのお話などを聞かせて頂きながら春日井駅まで。ホントにお世話になり、ありがとうございました。

春日井からはJR中央本線名古屋駅へ。名古屋駅ではお土産選びに(赤福かういろうか)迷いましたが、無事乗車。寝過ごしが怖いので頑張って起きていましたが、ウトウト・・・ヒヤッ、ウトウト・・・ヒヤッ。無事下車。おのぼりさんの遠出は無事終了・・と思ったら。

なんと最後の最後に在来線が事故のためダイヤが乱れており超満員。ぎゅうぎゅう詰めにされてまだグイグイ押され・・・お皿が・・お皿が割れる〜〜。焦りました(^^;)。

そんなこんなでとっても楽しい名古屋日帰り旅行でした。それにしても愛知県の人はみんな親切です。感謝感激です(^^)。ありがとうございました。ふらふらあっちへこっちへ出かけるつれあいの気持ちが少しだけわかったような気がします。

奈美 (id:nami_eda) 9年前