人形遊び

瀬戸ノベルティ、サクラビスク、市松人形などお気に入りの人形を集めました(^^)

なんだろう?続き


f:id:nami_eda:20220710192250j:image

長方形のドレスが不自然だと思ったのですが、ベラスケスのマルガリータ王女の肖像画を見ると長方形もアリな気がしてきました。
f:id:nami_eda:20220710192310j:image

さらに探してみるとマリー・アントワネット肖像画にもっ!


f:id:nami_eda:20220710192416j:image


f:id:nami_eda:20220710215925j:image

たっぷりのドレープにリボン、よく似てますね。お腹部分の横縞とかそっくり、これはパクっ・・じゃなくて、この絵にインスパイアされたのかもしれませんね(^^)


この肖像画の作者は女性画家ルブラン、マリー・アントワネット以外にも王侯貴族の肖像画をたくさん残しています。

 

このルブラン夫人の自画像を元にした瀬戸ノベルティがeBayにありました。それがこちら


f:id:nami_eda:20220710220049j:image

油彩画を元にした瀬戸ノベルティは他にもいくつかあって、知る人ぞ知る“ランプトン少年像”の瀬戸ノベルティがこちら。ちょっと雰囲気が違うけど(^^ゞ


f:id:nami_eda:20220710220305j:image

ゲインズバラ の“青衣の少年”の瀬戸ノベルティはよく見かけますね。
f:id:nami_eda:20220710224227j:image
“blue boy(青衣の少年)”とペアになる瀬戸ノベルティが“Pinkie Lady”でこちらはトーマス・ローレンスという画家の絵が元になっているようです。

上記3つの瀬戸ノベルティはLefton China で KW (光和陶器)のスタンプが付いています。

18世紀の油彩画の瀬戸ノベルティというのがおもしろくて集めてみようかなと一瞬思ったのですがやめました(笑)日本で手に入りにくいし探すのも大変、でも一応ウォッチリストに入れています。

 

実は絵やイラストを元にした瀬戸ノベルティはとーっても多いのです。あまりにも多いので私はそちら方面には手を出さないと決めていますがいくつか持っているので次回紹介します(^^)

 

 

 

 

なんだろう?

留守中に荷物が届いた。「まーた何か買ったな」と夫に思われたかも。大きくて重くて“ワレモノ”シールが左右に上にこれでもかと貼ってある。バレバレですやん、磁器人形、それもかなり大きいってことが(^^ゞ

言っときますけど私は基本安いものしか買いませんから(笑)

ヤフオクで入札1(私だけ)そういうのばっかりよ。メルカリは以前は掘り出し物があったのですが今は瀬戸ノベルティの評価が上がるとともに値段も上がってます。そして送料も上がっています。eBayはドルが135円とかになっていますからやはり値段が上がって最近は見てるだけ(笑)

 

さて、今回買ったものは磁器人形です。椅子に座ったドレスの女性。少し変わっているのがドレスの形。長方形なんですよね。普通は円です。なぜ長方形なのか?全くわかりません。

ドレスの横に穴があります。何か操作盤のようなものが付いていたと思われます。

瀬戸ノベルティでフィギュアの中にライトを入れたものがあります。eBayなどでPorcelain Figurine Night Lightで探すとたくさん出てきます。たとえばこんなの。


f:id:nami_eda:20220705225411j:image

 

これの類似品かなと思って中にライトを入れてみました。


f:id:nami_eda:20220705225219j:image

似たような感じですが実は大きさが全然違います(^^ゞ ナイトライトはどれも小さくて、うちのはデーンと大きいんですよね。

よくわからないものを買ってしまいましたが瀬戸ノベルティであることは間違いないと思います。たぶん。

 

新しいおすわり人形

昭和中頃のおすわり人形(おさな人形)のペアを入手しました。うちには女の子1体と2ペアすでに居るのに・・また買っちゃった(^^ゞ

状態がとても良くて、全く遊ばれておらず、欠けなし、汚れなし、オリジナルの着物を着ていて、髪もフサフサ、難点はオリジナルの着物の裾ふきが汚れているのと帯がただの紐だというところ。その部分を綺麗にして里親さんを見つけてあげたいなぁと思います。


f:id:nami_eda:20220531213029j:image

オリジナルの着物には裏がついてないので裾ふきを取り替えるついでに裏をつけました。

男の子の着物も同様に。裏をつけて、帯を縫って、ゴムの引き直しをしたら完成です。

可愛いっ~(≧▽≦)

あかんあかん、可愛すぎる。里親さん探しはやめてずっとうちに居てもらおう(笑)

下前模様の留袖


f:id:nami_eda:20220518140126j:image

実家から持ち帰った古い着物の中に面白い着物を見つけました。五つ紋の留袖です。よく見ると普通の留袖とは模様の位置が違います。下前の裾とその裏にだけ松の模様があります。着るとただの黒無地の着物に見えますが歩くとチラチラと鮮やかな松が見えるというなかなか粋な着物です。残念ながら片袖が行方不明です(^^ゞ 

解いて人形の着物を縫おうかと思ったのですがちょっと勿体無いかなと(笑)

今度実家に帰ったら行方不明の片袖を探してみます。